株式会社ダナフォーム


ニュース・イベント

ニュース

トランスサインテクノロジーズ株式会社製品のSINEUPの販売を開始しました。

2013年3月20日


ダナフォームは、トランスサインテクノロジーズ株式会社製品「SINEUP」の販売を開始しました。SINEUPは、翻訳効率の上昇により目的タンパク質の発現量を増加させることができます。

SINEUP™ Technolog -- Knock-up your gene!

SINEUP™テクノロジーは、新しい遺伝子研究の方向を提供します。

これまでKnock-IN/OUT、そしてRNAiなどによるKnock-Down方法で行われてきた遺伝子機能の解析に加わる新しいツールです。SINEUP™は、翻訳効率のupにより目的のタンパク質発現を増加させることができます。

SINEUPとは?

SINEUP™ノンコーディングRNAは、研究や真核生物の遺伝子操作にブレークスルーをもたらします。SINEUP™は最大10倍のターゲットタンパク質の発現量増強を翻訳の効率を向上させることで行います。これは、すでに翻訳開始を促進するIRESエレメントと同様のメカニズムと考えられています。この際、ターゲット遺伝子の転写は影響を受けず、SINEUP™は目的遺伝子の直接的な改変は必要としません。Knock-down(ダウンレギュレート)に使われるRNAiと同様に、直接的なターゲット遺伝子の改変に依存しません。

  • 最大10倍: 最大10倍のタンパク質発現増加が期待できます。
  • 簡便: SINEUP™を発現系に加えるだけで機能します。
  • フレキシブル: 他の発現システムとも併用が可能です。
    たとえば、over expressionしている系に加えることもできます。

アプリケーション

  • 抗体を含むタンパク質製造効率の向上
  • タンパク質亢進による治療薬の開発
  • 遺伝子機能の同定

How SINEUP works

SINEUP™ノンコーディングRNAは、研究や真核生物の遺伝子操作にブレークスルーをもたらします。SINEUP™は最大10倍のターゲットタンパク質の発現量増強を翻訳の効率を向上させることで行います。これは、すでに翻訳開始を促進するIRESエレメントと同様のメカニズムと考えられています。この際、ターゲット遺伝子の転写は影響を受けず、SINEUP™は目的遺伝子の直接的な改変は必要としません。Knock-down(ダウンレギュレート)に使われるRNAiと同様に、直接的なターゲット遺伝子の改変に依存しません。

Natureに報告された内容や未発表データによると、SINEUP™システムは、mRNAレベル影響を与えることなく、タンパク質発現レベルを最大で10倍増強することができました。SINEUP™は既に確立している発現・培養ツールに更に新しいレイヤーを提供します。

SINEUP™によるタンパク質発現のアップレギュレートの細胞内での機構は、マウスやヒトを含む多くの哺乳細胞で機能することが示されています。SINEUP™は、long non-coding RNA(lncRNA)AS Uch1の同定と機能解析に基づき開発されました。

AS Uchl1はSINEB2エレメントとUchl1遺伝子の5’末端の開始コドンのオーバーラップ領域を含むnon- coding RNAです。AS Uchl1をトランスフェクションにより導入した結果、mRNAの増加はなくUchl1のタンパク質の増加が認められました。Uchl1タンパク質の発現レベルは、AS Uchl1を含むコンストラクションによって増強されています。(図1)

Uchl1
図1:AS Uchl1の導入によるUchl1のタンパク質の発現量増加


このSINEUP™のタンパク質発現増強能力は、Uchl1に限定されません。HEK293細胞において、GFPのアンチセンスを含むSINEUP™により、mRNAの発現量の変化なく、GFPタンパク質の発現量の増加が認められます。(図2)

GFP
図2:GFPのアンチセンスを含むSINEUP™導入によるGFPタンパク質の発現量増加


SINEUP™は、機能ドメイン(Effector Domain)と結合ドメイン(Binding Domain)の二つのドメインからなります。

機能ドメインは、SINEUPを含む機能を持ったドメインです。結合ドメインは、ターゲット遺伝子を特定 、結合するドメインで、ターゲットごとにデザインが必要になります。(図3)

SINEUP
図3:SINEUP™の機能ドメインと結合ドメイン


製品

SINEUP™プラスミド

A LICENSE IS REQUIRED FOR ANY COMMERCIAL USE OF SINEUP™ TECHNOLOGY, INCLUDING RESEARCH USE. FOR LICENSING CONDITIONS PLEASE CONTACT info@transsine.com


SINEUP™プラスミド

pUC19のMCSにSINEUP™の機能ドメイン(ED: Effector Domain)を挿入したものです。
ターゲットmRNAの結合ドメイン(BD: Binding Domain)を挿入してお使い頂けます。

品番 品名 概要 価格
GEO1 pUC19-ED pUC19-ED SINEUP effector domain 39,500円(税抜)

ご注文方法

order@dnaform.jp まで、メールにてお問い合わせください。

※ 送料、消費税は別途申し受けます。

Effector domain Insert Sequence (1105 nucleotides) cloned into pUC19

TCTAGACTCG AGCGGCCGCC ACTGTGCTGG ATATCTGCAG AATTCGCCCT TCAGTGCTAG
AGGAGGTCAG AAGAGGGCAT TGGATCCCCC AGAACTGGAG TTATACGGTA ACCTCGTGGT
GGTTGTGAAC CACCATGTGG ATGGATATTG AGTTCCAAAC ACTGGTCCTG TGCAAGAGCA
TCCAGTGCTC TTAAGTGCTG AGCCATCTCT TTAGCTCCAG TCTCTTAAAA AACAAACAAA
CGAACGAACA GCAAGGGAGC TGGGTATGAC AACACATACT ATAATTCTAG TACTCAGGAT
GCTGAAACAG GAGGATTGCC TGACTGGGAG ATATAAGGAG AATCTGTTGT CACCCCCACC
CCTCCCCATA AAGGCAGAAT AAAAGAACGT CCTATAAACA AATAAACAAA CAACCCAATA
AAACAAAACC AAGATCTCTC CACCTTTTCT TTGCTTTTTC AGACTTTGTA ATAAGGCCCT
TTGGAGTGCA GGATATTCGG CAGGACAAGC AGAGAGGGAG ACCATCAGTT CTTTCTTTGA
TCAAGAAGAC TATGTTCCTT AGCAAACTGG TGTGTATTAT CTCTTATGCA ATGAGCCTGG
AAAGAGGGCA CAGCCACCGA GGATGGTACA GCATGGATGG ATGGTACGCT ACAGAGACTC
GGGAGCCCAA CTGTGAGTGG CTGACTGGCA TGGTAGGTTC AGGGAAGAAT TGGCCTGTGA
AGAAAATGTT CTTGAAAAGT GAACAAGGTG CAGGAGGTAG GAGTGGGTCC TGGGCAAAGC
AGGGGGTGCA TCCCAGCCTC AGGGAATAGC ACAGCAGAGG TCTGTTGATG CATGCGAGTG
CATGACCTGC TTGCCAATAG ACGATCAAGA ATGGGCAAAG CATCATGGGT GATGAGTGGG
AGAGGGGATG AGACATTCCT TTCTCCCTGC TGAGACTTCC ATTGAACCGA TGAGTTCTGA
ATAGAAGATG CCCCCCCACC CCCCCACCAG TGTAGAATCT GAAGGGAGGC ATATATTACC
CTATATTACT CTGTGTTGGC GGCGAGCTAT CTGACAGCCA ACCTTCCCAT ACATTTCATT
GGGCATACAC TAATGACAGG AAGTTCCTTT TGCTTGTATG CAAGAGATGG CTCACACGAT
GGAGAATTTA ATCTTGAAGG GCGAATTCCA CCACACTGGA CTAGTGGATC CGAGCTCGGT


Resources

ge01_user_guide_1.2 (PDF)

sineup_mechanism (PDF)

関連記事

Science Daily Non-Coding Antisense RNA Can Be Used to Stimulate Protein Production

Evolution News and Views Nature Study Vindicates ENCODE, Reports Functions for Antisense Non-Coding "Junk" RNA

My Navi (In Japanese)

Biotech (in Chinese)

Science Research Blog (In Persian)

Blog Daum (in Korean)

News Medical (in Korean)

Reference

Long non-coding antisense RNA controls Uchl1 translation through an embedded SINEB2 repeat Carrieri et al (2012) Nature 491:454- 457.

トランスサイン社

詳しくは、トランスサイン社のWebサイトをご参照ください。

TransSINE

TransSINE