株式会社ダナフォーム


Mouse MICER : 技術情報

クローン情報(Mouse MICER)(Clones and plates)

クローン出荷の際のSource BioScienceにおける試験では、T1 phageコンタミネーションは確認されていません。ただし、T1 phageコンタミネーションが無いことを100%保証するものではありませんので、クローンの取り扱いには十分な注意をお願い致します。


プレートでご注文の場合は、クローンIDとプレートの位置が記入されている表を出荷書類に同封しています。この書類は大切に保管してください。s

クローン受け取り後の処置について

プレートにはLB培地(8%のグリセロール、ampicillinとchloramphenicol)が満たされています。プレートはドライアイス詰めで出荷しておりますので、お受け取り後は直ちに-70℃で保存してください。


個別クローンは LB寒天培地(50μg/ml ampicillinと20μg/ml chloramphenicol)に植菌して常温にて出荷しております。お受け取り後は4℃で保存してください(冷凍庫では保存しないで下さい)。またできる限り早くLB液体培地(8%グリセロール, ampicillin/chloramphenicol)に移し、37℃で一晩培養してください。(シングルコロニーからではなく、全ての大腸菌を培養してください)。培養液は-70℃で保存してください。


Bacterial strain DH10B genotype: F- mcrA Δ(mrr-hsdRMS-mcrBC) φ80dlacZΔM15 ΔlacX74 deoR recA1 araD139 Δ(ara leu)7697 galU galK rpsL endA1 nupG


このクローンは研究目的の場合にのみご提供しております。

その他

ベクター情報(PDF)