株式会社ダナフォーム


Subsets of the I.M.A.G.E. Consortium resources

製品について

I.M.A.G.E.リソースは、異なる種や組織由来のRNAをもとに作製・整理された多数のcDNAライブラリーにより構成されています。ダナフォームではこうして整理された6つのSubsetクローンを提供しております。

The Mammalian Gene Collections (two human, two mouse and two rat)

Mammalian Gene Collection (MGC)は NIH 主導のプロジェクトです。このプロジェクトは、 ヒト、ラット、マウス、 ウシの完全長cDNAクローンのコンプリートセットを提供することを目的としています。詳しくは下記リンクをご参照下さい。


The Mammalian Gene Collection

The Xenopus Gene Collections (two X. laevis, and one X. tropicalis)

Xenopus Gene Collection (XGC)は NIH主導のプロジェクトで、Mammalian Gene Collectionのサブプロジェクトとして行われています。 このプロジェクトは、Xenopus laevisとXenopus tropicalisの完全長cDNAクローンのコンプリートセットを提供することを目的としています。詳しくは下記リンクをご参照下さい。


The Xenopus Gene Collections

The Zebrafish Gene Collection

Zebrafish Gene Collection (ZGC)は NIH主導のプロジェクトで、Mammalian Gene Collectionのサブプロジェクトとして行われています。 このプロジェクトは、Zebrafishの完全長cDNAクローンのコンプリートセットを提供することを目的としています。詳しくは下記リンクをご参照下さい。


The Zebrafish Gene Collection

The Mouse Lymphochip subset

The Mouse Lymphochip subsetはIRAPと呼ばれているセットで、リンパ組織に関係しているものを集めて作製されました。 このSubsetには12,480個の遺伝子を持つ12,480クローンが納められています。このセットのクローンは、まだ全長シーケンスが行われておりません。


インサート配列はampicillin耐性ベクターに組み込まれています。このセットは96wellプレート130枚で構成されています。 同じプレートにあるクローンには、全て同じベクターが使われています。プレート単位の頒布は行っておりません。セットでの頒布となります。 クローンの詳細については下記リンクのデータシート(Excelファイル、textファイル)をご参照下さい。


IRAPデータシート(Excelファイル 3.3MB)

IRAPデータシート(textファイル 1.2MB)

ベクター情報・受取後の処置について(IRAP)

The Human Lymphochip subset

The Human Lymphochip subsetはIRAY, IRBA, IRAZ, IRBBと呼ばれているセットで、リンパ組織に関係しているものを集めて作製されました。 このSubsetには2,517クローンが納められています。このセットのクローンは、まだ全長シーケンスが行われていません。


インサート配列はampicillin耐性ベクターに組み込まれています。このセットは96wellプレート130枚で構成されています。 同じプレートにあるクローンには、全て同じベクターが使われています。プレート単位の頒布は行っておりません。セットでの頒布となります。 クローンの詳細については下記リンクのデータシート(Excelファイル、textファイル)をご参照下さい。


このSubsetには、313遺伝子の代表1クローン、また1,102遺伝子については、代表2クローンが収められています。


IRAYとIRBAのインサート配列はampicillin耐性ベクターに組み込まれています。IRAZとIRBBのインサート配列はchloramphenicol耐性ベクターに組み込まれています。 このセットは96wellプレート35枚で構成されています。同じプレートにあるクローンには、全て同じベクターが使われています。 プレート単位の頒布は行っておりません。セットでの頒布となります。


  • IRAY - 96-wellプレート、プレート番号1から17(1280クローン)
  • IRBA - 96-wellプレート、プレート番号1から12(967クローン)
  • IRAZ - 96-wellプレート、プレート番号1から3(135クローン)
  • IRBB - 96-wellプレート、プレート番号1から3(135クローン)


クローンの詳細については下記リンクのデータシート(Excelファイル、textファイル)をご参照下さい。


IRAY, IRBA, IRAZ, IRBBデータシート(Excelファイル 0.5MB)

IRAY, IRBA, IRAZ, IRBBデータシート(textファイル 0.2MB)

ベクター情報・受取後の処置について(IRAY, IRBA, IRAZ, IRBB)

The Human glioma-related subset

The Human glioma-related subsetはIRAXと呼ばれているセットで、神経膠腫(glioma)に関係しているものを集めて作製されました。 この神経膠腫は脳にある通常の神経膠細胞から発生した脳腫瘍とは異なるものです。 このSubsetには5,664個のクローンが含まれておりそのほとんどが異なる遺伝子を含んでいます。 このセットのクローンは、まだ全長シーケンスが行われておりません。


インサート配列はampicillin耐性ベクターに組み込まれています。このセットは96wellプレート59枚で構成されています。 プレート番号1を除いて、同じプレートにあるクローンには、全て同じベクターが使われています。 プレート番号1には3種類のベクターが使われています。プレート単位の頒布は行っておりません。セットでの頒布となります。


クローンの詳細については下記リンクのデータシート(Excelファイル、textファイル)をご参照下さい。


IRAXデータシート(Excelファイル 0.8MB)

IRAXデータシート(textファイル 0.3MB)

ベクター情報・受取後の処置について(IRAX)

Mouse pancreas genes

Mouse pancreas genesはIRBD, IRBEと呼ばれているセットで、K. Kaestner laboratory (University of Pennsylvania)で作製されました。


同じプレートにあるクローンには全て同じベクターが使われており、IRBDのインサート配列はampicillin耐性ベクターに、 IRBEのインサート配列はkanamycin耐性ベクターに組み込まれています。このセットは96wellプレートに納められておりますが、 そのうち4枚には空のwellが含まれています。プレート単位の頒布は行っておりません。セットまたは、個別クローンでの頒布となります。


クローンの詳細については下記リンクのデータシート(Excelファイル、textファイル)をご参照下さい。


IRBD, IRBEデータシート(Excelファイル 0.9MB)

IRBD, IRBEデータシート(textファイル 0.3MB)

ベクター情報・受取後の処置について(IRBD, IRBE)