株式会社ダナフォーム


C. jejuni ORF Library

C. jejuni ORF Library

Campylobacter jejuniは、人におけるバクテリア系胃腸炎のもっとも一般的原因と考えられています。 Wellcome Trust Sanger Instituteでのゲノム164万塩基のシーケンスにより、C.jejuni研究は新時代を迎えました。 TIGRによる31個の予測ORFに加え、これらのシーケンス情報を用いて、Jodi Parrish博士(Russell Finley’s Lab-Wayne State University School of Medicine)は、 1,600個以上のC.jejuni ORFライブラリーを作製しました。これらのクローンは効率的な大腸菌組換えシステムを用いて作製されました。 組換えサイトはシーケンス確認がなされ、大部分のクローンは5’末端配列が確認されました。ORFは45-4020bpの範囲の長さを有しています。 蛋白質発現後には、GST或いはHis-tagsを用いた精製を行うことが可能です。



図はpTLJ03の発現及びクローニング領域を示しています。大腸菌内での組換えプロセスにより、ORFを5’から3’の正確な向きで容易に挿入することが可能です。

Format

ダナフォーム社は研究目的に限り、96-wellプレートセット全17枚、或いは個別クローンとしてもご提供いたします。又お客様のご要望に応じた組み合わせのプレートセットもご提供させていただきます。


詳しくは、下記よりお問合せ下さい。

References

  • Parkhill J, Wren BW, Mungall K, Ketley JM, Churcher C, Basham D, Chillingworth T, Davies RM, Feltwell T, Holroyd S, Jagels K, Karlyshev AV, Moule S, Pallen MJ, Penn CW, Quail MA, Rajandream MA, Rutherford KM, van Vliet AH, Whitehead S, Barrell BG. The genome sequence of the food-borne pathogen Campylobacter jejuni reveals hypervariable sequences. Nature. 2000 Feb 10; 403 (6770): 665-8. /
  • Parrish J, Limjindaporn T, Hines JA, Liu J, Liu G, and Finley RL, Jr. High-throughput cloning of Campylobacter jejuni ORFs by in vivo recombination in Escherichia coli, J. Proteome Research, in press (2004).