株式会社ダナフォーム


Zebrafish Gene Collection : 技術情報

Zebrafish Gene Collection(ZGC)クローン情報

クローン出荷の際のSource BioScienceにおける試験では、phageコンタミネーションは確認されておりません。ただし、phageコンタミネーションが無いことを100%保証するものではありませんので、クローンの取り扱いには十分な注意をお願い致します。

クローン受け取り後の処置について

使われている抗生物質によって異なります。どの抗生物質が使われているかはクローンIDで判別できます。


IRBO (Zebrafish)
クローンはLB寒天培地(50?g/ml Ampicillin)にて培養されています。お受け取り後は冷凍せず、4℃で保存してください。受け取られましたらできる限り早く同じ成分の培地に植菌して37℃で一晩培養し、シングルコロニーを回収してください。
IRBV (Zebrafish)
クローンはLB寒天培地(57?g/ml chloramphenicol)にて培養されています。お受け取り後は冷凍せず、4℃で保存してください。受け取られましたらできる限り早く同じ成分の培地に植菌して30℃で一晩培養し、シングルコロニーを回収してください。


10個以上のシングルコロニーそれぞれを、同じ抗生物質と8%グリセロールを含むLB液体培地にて培養した後、-70℃で保存してください。こうして冷凍保存したクローンはプラスミド精製時に、再び培養することができます。


シングルコロニーを培養することはライブラリーを複製するのと同様、コンタミネーションやクロスコンタミネーション、オリジナルクローンの変異などが起きた場合に備えるために必要です。シングルコロニーを多く培養しておけば、問題が起きた時に本来のクローンを手に入れられる可能性が高くなります。この方法を使えばコンタミネーションを起こしているクローンから、本来のクローンを単離することもできます。