株式会社ダナフォーム


SmartAmp®キット : 製品概要

※詳細についてはこちらまでお問い合わせください。

SmartAmp®法について

SmartAmp®法は血液1滴から遺伝子を特異的に増幅して検出する簡便・迅速・安価な新しい遺伝子検出技術です。

既存のリアルタイムPCR装置をそのまま利用することができるとともに、PCR法のような温度の上下を必要としないため、増幅時間の短縮およびエネルギー消費量の削減が可能で地球環境にもやさしい技術です。また、装置の簡便化も可能です。


SmartAmp®法の特徴

  • 増幅反応は等温(60℃)で進行します。
  • 特徴的なプライマーセットおよび新規の鎖置換型DNA合成酵素(Aac DNA Polymerase)を用い、増幅反応が30分程度で終了します。
  • 操作は、ごく簡便な前処理をした末梢血などを反応液に加えるだけで行えます。
  • 国産技術で特許取得しており、さらに酵素も独自開発で安定供給が可能なため、安価に試薬を提供できます。

SmartAmp®法の原理

SmartAmp®法は、理化学研究所とダナフォームが共同開発した、等温核酸増幅法です。非対称なプライマーセットと鎖置換反応活性を持つDNAポリメラーゼ(Aac DNA Polymerase)によって等温条件下で核酸増幅を行うことが技術的な特徴です。

SmartAmp®法で使用するプライマーは、伸長後の合成鎖とループ構造を形成するように設計されています。このループ構造が等温条件下でプライマーが結合する一本鎖状の領域を提供します。Aac DNA Polymeraseは、強い鎖置換反応活性をもち、DNA鎖合成の進行方向にある二本鎖DNAを解離しながら伸長反応が進行します。SmartAmp®法では、非対称なプライマーデザインによって、SNPや遺伝子変異を検出し易いのが特徴です。

SmartAmp法の応用例

CPT2 変異検出SmartAmp®キット

CPT2はミトコンドリアにおけるエネルギー(ATP)生産に必須の酵素で、脂肪酸のミトコンドリアへの取り込みに関与しています。この酵素をコードする遺伝子(CPT2)に変異(1055T>G)が存在すると、体温が40℃以上でその機能が低下する熱不安定型のタンパク質となり、高体温時におけるエネルギー生産が低下します。このため、この変異を持つ人は熱中症の症状が重篤化することが知られています。CPT2 変異検出 SmartAmp®キットを用いることで、血液一滴からこの変異を簡便、迅速かつ正確に検出することが可能です。詳しくはこちらを御覧ください。

SmartAmp®試薬キットの使用方法

使用方法はSmartAmp®試薬キットに添付のプロトコルをご覧ください。
FAQに使用方法に関する情報があります。

SmartAmp®法に関する論文情報

基本技術に関する論文

アプリケーションに関する論文

ご注意

SmartAmp®試薬キットは、研究用試薬であり、診断もしくはその補助の目的で使用することはできません。

関連製品