株式会社ダナフォーム


Eprobe® PCR用試薬 : 製品概要

Eprobe® PCR法について

Eprobe® PCR法は、ダナフォームと理化学研究所が共同開発した新規蛍光プローブであるEprobe®をPCR法を用いた遺伝子検出に適用する技術です。リアルタイムPCR検出、融解曲線解析が1本のプローブで行えるなどの特徴があり、さまざまな分野で幅広い応用が可能です。

ダナフォームでは、Eprobe® PCR法に最適な酵素をご用意しています。また、Eprobe® PCR法で使用するプローブ(Eprobe®/Eprimer™)のカスタム合成も承ります。

E-Taq 2xPCR Mix

E-Taq PCR Mix

E-Taq 2xPCR Mixは、Eprobe® PCRに適したPCR反応用プレミックス試薬です。


E-Taq 2xPCR Mixの特徴

  • ホットスタートPCR用酵素:酵素に抗体が結合しており、試薬調製中の非特異的な増幅反応を低減することが可能。
  • シグナル低下がない:5'→3’,3'→5’エクソヌクレアーゼ活性がありませんので、PCR反応中にEprobe®の分解によるシグナル低下がありません。
  • オールインワンタイプ:反応用緩衝液、dNTP、マグネシウムなどがプレミックスされているので、プライマー、Eprobe®、テンプレートを用意すればEprobe® PCRが実施できます。

E-Taq 2xPCR Mixのアプリケーション

  • Eprobe® PCRによる感染症検出。
  • SNP解析。
  • 微量変異検出。

E-Taq 2xPCR Mixの仕様

2x濃度になっていますので、反応容量の1/2容量を使用し、プライマー、Eprobe®、テンプレートを加えて蒸留水で反応容量までメスアップして使用します。

反応容量:20 μL(100反応分)


E-Taq DNA Polymerase

E-Taq DNA Polymerase

E-Taq DNA Polymeraseは、Eprobe®に適したTaq DNA polymeraseです。


E-Taq DNA Polymeraseの特徴

  • ホットスタートPCR用酵素:酵素に抗体が結合しており、試薬調製中の非特異的な増幅反応を低減することが可能。
  • シグナル低下がない:5'→3’,3'→5’エクソヌクレアーゼ活性がありませんので、PCR反応中にEprobe®の分解によるシグナル低下がありません。

E-Taq DNA Polymeraseのアプリケーション

  • Eprobe® PCRによる感染症の原因ウイルス、細菌などの検出。
  • SNP解析。
  • 微量変異検出。

E-Taq DNA Polymeraseの仕様

反応容量:5 U/μL

10xバッファー付(dNTPは付属しません)


Eprobe®についてのご注意

  • 本製品は試験研究用です。
  • 本試薬は株式会社ダナフォームと理化学研究所の共同研究で開発されたもので特許取得済みです。

関連製品